風俗嬢が語る男性から見る女性とは

よく女性の間では、「あの子カワイイ絶対男の子からもてるよね」などといった会話などを聞いたりします。

 

そういった噂される女性であっても男性の目から見ると、あまり興味を持たれなかったりすることはよくあります。

 

これは、あきらかに女性から見る目と男性から見る目が違っているからなのです。

 

男性が惹かれる女性というのは、お色気というものを持っているのです。

 

これは、セクシーと言ってもよいでしょう。

 

つまりセクシー=美人ではないのです。

 

 

このセクシーな女性の美の価値というのは男性にしかわからないものでしょう。

 

杉本彩さんは、同性からはあまり評価されないのは彼女の男性を誘惑するセクシーさは、男性にしか伝わりにくい部分があるからなのでしょう。

 

 

それでは、この女性のセクシーさは天然でしか作られないものなのでしょうか?

 

答えは違います。努力次第でセクシー美人は作れます。

 

芸能人でも数多くの造形セクシー美人が存在します。

 

昔はかなり不細工だったのが、努力してメイクや仕草、ファッション次第でいくらでも生まれ変わることができるでしょう。

 

 

現在、わたしは風俗関係のライターをしていまして、主にデリヘルで働く女の子たちに取材をしています。

 

最初に取材記事執筆のお仕事を頂いたのがデリヘルの専門サイトだったのですが、それから女の子の頑張っている姿を取材するのがライフワークとなりました。

 

実際風俗嬢なども、見た目は美しくないのですがこの仕事でしか生活することができない人は、努力して勉強し綺麗な女性になります。

 

今よくテレビで見ることが多くなった女装する男性芸能人たちも、一般的な女性よりもメイクの腕は良く、女性への転身術は見事だと思います。

 

芸能人は難しいかもしれませんが、風俗嬢への転身を検討しているなら風俗求人サイトのいちごナビはとても参考になると思います。

 

 

女性の美というものに関しましては、美容やセクシーさなども含めて美しいと思う人や、世間からセクシーと言われている人の良いところを真似すれば、より魅力的な女性に近づけるのではないでしょうか。

 

 

総合的にまとめてみますと、女性の魅力や美については女性同士だけで語るのではなく、男性の意見を取り入れますと一味アクセントがつくことでしょう。

 

これによって、今までの自分の美の路線とは一風違った美が見えてくるかもしれません。

 

 

次に、女性の美しさや魅力というのは先天的なもので決まるのではなく、その後の本人の努力や出会い・きっかけ次第で変わることは可能なのです。

 

美人からブスを目指す人はいないと思います。

 

ですが、美人じゃない人が美人を目指してメイクや美容によって先天的に美人な人よりも美人になることは可能なのです。

 

わたしもけっして美人に生まれたわけではありませんが、風俗嬢として働き指名を獲得するために努力をするうちに、努力することで美人になれるということを実感しました。

 

もともと指名も少ない風俗嬢だったわたしが、風俗の有名サイトでトップグラビアを飾れたのも努力の結果だと思っています。

 

もちろん風俗やデリヘルだけの話ではなく、少しでも美人になりたいという人はちょっと努力をしてみると人生が大きく変わるかもしれないですよ。

ちょっと気になるアンダーゾーンの匂い対策

美容とは少し違った話になりますが、意外と一般の女性も気になっている人が多いという話を聞いたので、アンダーゾーンの匂いについて書いてみます。

 

 

風俗店で勤務している女性の中には「アンダーゾーンの匂いが気になる」という悩みを抱いている方もいらっしゃるとおもいます。

 

風俗という仕事上、アンダーゾーンについては、どうしても「お客に触れられる」部分であり、清潔にしておかなくてはいけない部分ではあります。

 

匂いがきつい風俗嬢の場合、それが原因で客からの指名が取れずに伸び悩んでいる人もいるとおもいます。

 

 

わたしは初めて働いたのが名古屋 風俗求人というサイトを見たのがきっかけだったのですが、そのときにお店のスタッフさんから匂いの対策を教えてもらったのを覚えています。

 

ここでは、風俗で働く女性だけでなく一般の女性にも参考にして頂ける、アンダーゾーンの匂いの原因からその対策まで説明していきたいとおもいます。

 

 

● アンダーゾーンの匂いの原因 ●

 

アンダーゾーンから発せられる匂いの原因は、女性器の手入れの仕方そのものによるところが多いです。

 

具体的には、入浴時にきちんとシャワーで洗い流す事を怠り、女性器の隙間に入り込んでいる「においの元」がこびりついてしまっているのです。

 

また、逆に「アンダーゾーン」の手入れのために、膣内を石鹸でよく洗う人がいますが、そんな事をしてしまうと膣内に潜む善玉菌まで洗い流してしまい、悪玉菌の巣窟と貸してしまいます。

 

よって、匂いの原因は「洗いすぎ」「洗わなさすぎ」のいずれかが原因である事が多いです。

 

 

● アンダーゾーンの匂い対策 ●

 

匂いの個人差はあるにせよ、膣内まで石鹸で洗う必要はなく、また、入り口付近にしても、石鹸で洗うのはよくありません。

 

最も効果的なのは、アンダーゾーン入り口周辺を毎日念入りにシャワーや御湯で丁寧に洗う事です。

 

即効性はないにせよ、根気よくアンダーゾーンをお湯だけで洗い続けると、匂いの元が徐々になくなっていき、最終的には・無味無臭の領域まで達するとおもいます。

 

 

残念ながら、匂いがきつい人の大半が、自分の匂いに気づいていない事が多いです。

 

しかし、自分でオナニーをする習慣がある女性は、自分自身の「アンダーに関する」臭いに敏感であり、入浴時には、一生懸命アソコを丁寧に洗い流しているようです。

 

このような事例から察するに、オナニーをする習慣が身についている人の多くは、アンダーの手入れもバッチリである事が多い傾向にあらわれています。

 

臭いが気になる人は、根気よくシャワーのお湯で念入りに洗う事を続けていけば、それが最も効果の高い「アンダーゾーンの匂い対策」であるといえます。

 

 

また、今の時点で対策を講じていない、もしくは対策を講じる必要が出ていたときの解決策として・アンダーゾーンの匂い対策のための塗り薬等があげられます。

 

ただ、誰でも多少は匂いがするものだと思って、あまり気にしすぎないようにしましょうね。

更新履歴